2017年08月28日

ゲーテの言葉〜明日の力 no.005〜

明日への力 no.004

テーマ:明日への力


30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでもする方がまさっている。


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 

Johann Wolfgang von Goethe

1749年8月28日 - 1832年3月22日

ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。ウィキペディア参照

posted by 智杉 at 09:32| Comment(0) | 明日へ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

シェイクスピアの言葉〜明日への力 no.003〜

人は心が愉快であれば

終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあれば

わずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、

人は常に明るく愉快な心をもって

人生の行路を歩まねばならぬ。

 

シェイクスピア

英国の劇作家、詩人          1564〜1616

posted by 智杉 at 10:08| Comment(0) | 明日へ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ゲーテの言葉〜明日への力 no.002〜

自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749〜1832)

posted by 智杉 at 14:20| Comment(0) | 明日へ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

2017年 明日への力 no.001 誠実さの力

2017年 明日への力 no.1
by T Suzie Uehara

至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり
至誠しせいにして動うごかざる者ものは、未いまだ之これ有あらざるなり

解釈:この上もない誠の心を尽くしても、感動しなかったという人には今まで会った事かはない。誠を尽くせば、人は必ず心動かされるということ。
出典:『孟子』離婁上

孟子は
是非善悪を識別する事が明らかにならなければ 誠実な身とは言えない。
誠は天の道であり、誠をわが身に実現しようと思い、努力することは人の道である。この上なくまごころを尽くして感動しない人に未だ会ったためしはない。誠意を尽くさなくて、人の心を動かすことが出来る人はいない。

孟子曰、居下位而不獲於上、民不可得而治也。獲於上有道。不信於友、弗獲於上矣。信於友有道。事親弗ス、弗信於友矣。ス親有道。反身不誠、不ス於親矣。誠身有道。不明乎善、不誠其身矣。

Web 漢文大系より参照
posted by 智杉 at 15:49| Comment(0) | 明日へ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>>>><<<<<<スポンサー情報>>今、サイドビジネスで人気が出ている。インターネットビジネス情報をメールマガジンでお届けします。申し込みはここから・・・!
マネー・トマッシュの夢への扉! メルマガ登録
メールアドレス:
名前:
Powered By ステップメールNEO